FXトレール注文とは?

 


FXの注文方法にはストップロスオーダーと言って、相場が下落し始めた時に損失を大きくしない方法があります。

 

そしてそのストップロスオーダーを応用した注文方法にトレール注文があります。

 

トレール注文は、FX取引を有利に行なっていくにはとても便利な方法です。

 

トレール注文とは、例えばドルを85円で買って、逆指値レート84円に設定したとします。

 

その場合は1円の幅で設定したので、その後ドルが90円まで値上がりした時でも、100円になった時でも、いくら上っても決められたロスカットになるまでは利益の確定はしません。

 

そしてそれだと一生損益の確定はありませんし、結局利益が全く出ないことになります。

 

そんな場合に利益をどこで出せばいいのかをきちんと決めてくれるのがトレール注文で、実勢レートに応じて、逆指値も自動亭に引き上げられるのです。

 

100円まで上昇すれば逆指値も99円まで引き上げられて、一度引き上げられた逆指値は絶対に下がることはないので、100円から99円まで今度は下がればその時点で取引は約定されます。

 

トレール注文は相場が右肩上がりの時にはかなり有効な注文方法で、一度ある程度のところまで上れば、あとはどれくらい儲かるのかを楽しみにすることが出来る取引方法です。

 

しかし、トレール注文とはあまり多くの人に知られていない方法なのです。

 

もちろんトレールを使わなくても自分で同じようにルールを決めておけば同じことなのですが、トレールを利用すれば簡単に感情なしで確実に取引を行なえるので、是非あなたもトレール注文を楽しんでみてはいかがでしょうか?